銀行や空港でなくても外貨両替はできる

外貨両替ということで思いつくのは、銀行や郵便局あるいは空港での両替ですが、財務局などに登録をおこなっている一般の金融先物取引業者に依頼することで、より安いレートで両替を行うことができる場合があります。

銀行の場合はその両替手数料は一律1円となっていてお金がかかってしまいますが、このような一般の金融先物取引業者に依頼すると数十銭と言う手数料で両替を行ってくれる場合があります。

さらに外貨両替で必ず発生する端数を切り上げてくれる場合もありますし、第日間の両替も、よりお得に済むサービスも実施しています。

これらの業者では外貨の取引をオンラインで行うこともできます。

自分の銀行口座の振り込みか、もしくは代引きで受け取ることもできます。

この取引を行う場合には、犯罪収益移転防止法の規定に沿って、運転免許証や保険証など公的な証明書によって、自分自身の氏名、現住所、生年月日を示さなければいけない場合があります。

取引できる通貨はアメリカドルはもちろんのこと、ユーロ、カナダドル、香港ドル、フィリピンペソ、ロシアルーブル、ニュージーランドドル、韓国ウォン、中国元、スウェーデンクローナ、タイバーツ、ベトナムドンなど多様です。

外貨両替=銀行・空港という時代では無くなりました。